Month1月 2015

Kumacoinのロゴやアイコンの素材

kumacoin_logo_flat_m

ダウンロードはこちらから。

 

BlenderでKumacoinの壁紙

KumaCoinとは、日本発の仮想通貨です。

  • コインおんりー
    kumacoin_m

FullHD (1920*1080):ダウンロード

4K (3840*2160):ダウンロード

 

  • 壁紙風

kumacoin_w_m

FullHD (1920*1080):ダウンロード

4K (3840*2160):ダウンロード

 

個人利用はもちろん、Kumacoinを広める活動ならどの様に使って頂いてもかまいません。

プロジェクトデータ(.blend)のダウンロードはこちらから。

強制ではありませんがご利用される方は寄付をよろしくお願いします。

 

寄付先

Kumacoin: KQdc8vVAkfuwR8qkzXJ7e2Ee3zgpLxXwk1

Monacoin: MSfrxBCqBu6P7RCGe6bKM1C4PFaJPabg3B

Blenderで最適な動画の書き出し設定

初めてBlenderで動画を書き出そうと思うと設定項目が多すぎてどこをどうすればいいのか分かりませんよね笑

そこで、今回はBlenderで私が一番最適だと考える設定をスクリーンショット付きで解説したいと思います。

 

blender_v01

1.書き出しフォーマットを「PNG」から「H.264」に

「AVI」形式だと途中でPCが落ちてレンダリングが失敗すると途中まで書き出した動画ファイルが破損して再生できなくなります。

経験のある方も多いと思います笑。

blender_v02

 

2.フォーマットを「Quicktime」に

blender_v03「Quicktime」なら万が一、途中でレンダリングに失敗したりPCが落ちても動画ファイルが破損せず、書き出した段階まで再生することができます。

「Quicktime」を再生するには、Quicktimeがインストールされている必要があります。(インストールはこちら

 

 

3.画質や音質の設定

画質を変更するには「ビットレート」を調整します。

初期設定では「6000」ですがこれを上げると良くなり、下げると悪くなります。

参考に、私は大体「10000」で書き出してます。

音声は初期設定では「None」となっていて同時に書き出しされません。

音声付で書き出す場合は「オーディオコーデック」を「AAC」にします。

音質は、ビットレート「192」が一般的で、「320」が高いとされています。

 

以上が、私の考える最適な設定です。

もっといい設定があるよ!という方は教えて下さい笑

GTX970をSLIで組んだので色々してみた。

970

今が買い時らしいのでGigabyte GeForce GTX970を2つ購入しました。

初めは、GTX980を一枚の予定だったのですが7万弱ならGTX970*2で8万の方がお得じゃない?という貧乏臭い考えからこうなりました。

GIGABYTE ビデオカード Geforce GTX970搭載 オーバークロックモデル GV-N970WF3OC-4GD

使用目的は主にBlednerのレンダリングとゲームです。

GTXのグラボをレンダリングに使う人ってそうそういないと思いますけどね。

とり合えずベンチマーク結果↓

3D Mark  :Fire Strike

bench_3dmarkCPUがi7 3820なので物理スコアは低いですがグラフィックスコアは21565でした。

http://www.3dmark.com/3dm/5493025

(CPUをi7 5820kに交換した結果は→)http://www.3dmark.com/3dm/12196319

Blender Cycles Benchmark rev3

Tiles 128*64: 35.38秒

bench_cycles01

 

Tiles 480*540: 23.76秒

bench_cycles02

 

GTX560Tiからの乗り換えなのでかなりレンダリングが早くなりました。

BlenderのCyclesレンダではゲーム等のSLIと違い単純に2つのGPUで計算を行うので性能が2倍になります。

 

970_pc

Gigabyteなのでカード自体の高級感もあり、かなりしっかりしている印象を受けました。

冷却性もまったく問題なくガンガン冷えます。ただ、3連ファンなので100%まで回転させるとケースから扇風機の様な音がします。

また、コイル鳴きなどはありませんでした。

 

ベンチ等要望があればコメ欄にお願いします。

2015年 K² Studio.

k2_lightあけましておめでとうございます!

kiec Studio.からK² Studio.として再スタートします。今年も様々なコンテンツを配信していくのでよろしくお願いします。

※ドメイン変更のため、旧ブログの内容が一部表示されません。ご了承下さい。

© 2017 ken kentan blog

Theme by Anders NorénUp ↑