CategoryInternship

Summer Internship 2019 @ Recruit


「Recruit Internship for Specialist 2019 -ENGINEER/DATA ENGINEER-」に参加してきました。

きっかけ

「リクルートのエンジニアインターンはいい」と聞いたので参加することにしました。

色々見ていると、インターン生に要求されるレベルが高いことがバンバン伝わってくるので参加したらかなり成長できるなと感じた点が大きいです。

選考

基本的な流れは ES -> コーディングテスト -> 人事面接 -> 最終面接 だったと思います。

ESはフォーマットが決まっていたので、時間をかけてちゃんと書きました。辛かったです。

コーディングテスト

CSの知識を問うものからSQLやアルゴリズムの問題がありました。一度使ったことがあるプログラミングテストツールで安心した記憶があります。

面接

人事面接は、作ったアプリについてや趣味など一般的な面接でした。大阪からWeb面接で受けました。

最終面接は東京本社に受けに行きました。詳細は控えますが、今までに受けたことがない形式で楽しかったです。開発アルバイトの実務経験が役に立ちました。

内容

実際に参加する前に、事前面談といった形でどういった案件に参加するかの説明がありました。ESでは「Androidエンジニアとしてやっていきたい」「ソフトウェアアーキテクチャや設計について学びたい」と書いていたので、インターンではモバイルアプリの開発に参加することになりました。ちなみに、参加後も定期的に「やりたかったことをやれてるか?」みたいな質問があるので、案件が合わないなと思っても後から調整してくれるみたいです。すごい。

僕が所属したのはリクルートライフスタイルでじゃらん(にゃらんが可愛い)などのサービスを開発している所でした。

取り組んだこと

具体的には、●●●に●●●を●●●ため●●●を用いてスクラッチで開発するといったことをしていました。●●●に触れるのは初めてだったのでキャッチアップが大変だったのを覚えています。

LT

インターン期間中に社員の方とインターン生が参加するLT会が2回ほどありました。

僕はLTをしたことがなかったのですが、せっかくの機会なので初LTをしました。趣味でやっているMinecraftマルチサーバについて話しました。比較的評判が良かったので嬉しかったです。今後も機会があればLTやっていきたいですね。

過去の参加記を見てるとTシャツとか貰えたみたいですが今回はありませんでした。残念。

ランチ

インターン生には一定額ランチ代が設定されているようで、チームの方に「こんな人と話してみたい」って投げるとシュッとランチが設定されます。すごい。

Androidエンジニア、Backendエンジニア、Mgrなど様々な方と話すことができました。これがめちゃくちゃ面白かったです。

感想

僕がいたのは比較的少人数なチームだったので設計について議論しながら実装できたので非常に面白かったです。また、日頃はAndroidやKotlinしか書いていないので他のフレームワークを使うのは非常に新鮮でした。

また、インターンランチで様々なロールの方にキャリアについて話を聞けたことで自分のなりたい将来像がかなり明確になりました。

この将来像をベースに、どういったキャリアを進めばいいのかを考えれるようになったのは大きな収穫でした。

また、リクルートは部署によってかなり雰囲気が違うみたいなので、そういった雰囲気を知れればよかったかなと思いました。

学んだこと

文章を書くのが辛くなってきたので箇条書きで許してください。

  • 設計を学ぶとは「設計で何を解決したいかを理解すること」
  • MgrとEMは対極にあるものではない
  • リーダーシップは大事、チームを引っ張るようなエンジニアになりたい
  • 組織の特徴によって求められるリーダーシップは違う

最後に

メンターの方、チームの方、人事の方、色々な方にとてもよくして頂きました。インターンに参加した目的を達成できただけでなく、多くの学びを得ることができました。

1ヶ月間、本当にありがとうございました。

Summer Internship 2018 @ mercari

8/1-8/31の1ヶ月間、メルカリのサマーインターンに参加してきました。

動機

学部4年になり、卒論もあるので今年はインターンは参加しないかなと考えていました。しかし、実際にインターンの応募期間が始まって先輩たちが楽しそうにしているのを見て、気がついたらエントリーをポチッと…

その後、趣味で開発したAndroidアプリをフルスクラッチでリファクタリングしていた時期が重なり、「Android+ソフトウェアアーキテクチャを学びたいな」と考えていました。

mercanの記事にiOSのリファクタリングの話が出ていて、もしかしたらAndroid版も新しいアーキテクチャに沿った開発が行われているのでは!?と希望を抱き応募。

あと、一番大きいのが「自分の持っているAndroid知識を全部ぶつけたらどのくらいの成果が出せるか」気になって仕方がない。周りにAndroidエンジニアがいないので、自分の価値が分からないでいました。

選考

募集職種は13種と多く、その中でも自分は、”Software Engineer(Android)”に応募しました。

理由は、自分の中で「Androidが一番詳しく、アウトプットを出せる」かなと。

選考の流れとしては

レジュメ・履歴書提出→技術テスト→面接

でした。特に変わったこともなく、無事合格できました。

印象

一番印象に残っているのは「アウトプットを出す」を求められたこと。1ヶ月と短い期間でいかにアウトプットを出すかを常に考えていた気がします。

他の参加記でも言われていますが、「インターンだから~」といった制約が一切ないので自信を持ってvalueを出せる環境があると感じました。

余談で、オフィスが非常に過ごしやすいのと無限自販機が最高によかった。

内容

配属されたのは、メルカリJPのAndroidアプリのチームでした。

インターン用にタスクが用意されているのではなく、実際に業務を行っていく形です。「実際の開発業務」を行えるのは本当にいい。

具体的には、採用しているアーキテクチャに沿って設計し、実装に落としていく作業をずっと行っていました。ソフトウェアにおける設計だけでなく、「正しいリリースフローはどういったものか」「PRにはレビュワーに対してコンテキストを残す」などチーム開発で重要な多くの学びを得ました。また、Koltinについて新しい知見を得ることができました。一番印象に残っているのはKotlin Fest に参加したことで、非常に感謝しています。

動機としてあった「自分の持っているAndroid知識を全部ぶつけたらどのくらいの成果が出せるか」については、十分達成できたと考えています。Androidについての知識は十分あると思えるようになった一方で、コンテキストを十分残すといった課題も見つけることができました。ソフトウェア設計においては、設計書の作成やレビューを通して多くのインプットがあり、まさに「自分の価値を知る、高める」インターン内容でした。

感想

自分の好きなプラットフォームで業務ができるのは最高に楽しかった。一日中Android Studioを開いてるって最高じゃないですか!?気がつけば1日・1週間が終わってる感覚に陥っていました。

メンターランチやチームビルディングを通して他のエンジニアの方とお話をすることもでき、今後のキャリアを考えていくために非常に参考になりました。また、アウトプット出す1つの方法として「ブログを書くこと」も再確認できたかなと。

今後は、今回得たインプットを積極的にアウトプットしつつ今しかできない様々なことに挑戦していこうと考えています。

メルカリが入っている六本木森ビル

© 2019 ken kentan blog

Theme by Anders NorénUp ↑