CategoryAndroid

Androidゲーム「Super Cube World」をリリースしました

春休みでゲームを開発しリリースするという目標を立てていたのでそれがようやく達成できました。

Super Cube Worldをダウンロード

Androidで動作するUnityエンジンを使用したアーケードゲームです。

SS1

 

前作の「Super Cube 3D」では技術不足のため実現できなかった様々な要素を実装しました。

たとえば、回転する敵や

SS2

 

どこかで見たことがある上から落ちてくる敵。

SS3

 

その他に、一番のお気に入りのジャンプブロックetc…

SS4

 

プログラムを軽量化し、リアルタイムシャドウを動かしたまま旧端末で60FPSを出すことに成功しました。(前作では重すぎてリアルタイムシャドウを断念)

また、アプリサイズも90MBオーバーから27MB(ver1.0.0)を達成。スマホにやさしいアプリになりました。

フィードバックやレビュー等、よろしくお願いします。

SuperCube3 α版を公開

現在開発中のAndroidゲームアプリ「SuperCube3(仮称)」、α版を公開しました。

α版ですので、主にバグ修正を目的としています。バグを見つけた方は@ken_kentanにまでお願いします。

http://ken.kentan.jp/apk/SuperCube3_dev_alpha.apk

操作方法:

移動 ジャイロ

ジャンプ タップ

一時停止 バックキー

※α版に含まれるデータはすべて開発段階のものです。

Unityを使ってみた。

Android向けにゲームを開発しようと思い、ついにUnityに手を出してしまいました。。

もちろん、無償版ですが年間10万ドル以下であれば商用利用おkみたいです。

これは嬉しい♪2014-02-19 10.52.04

GooglePlayに公開しました。

以前投稿した開発中のアプリが完成したので紹介させて頂きます。

google-play

 

Androidアプリ、1からの開発

久々に1からアプリを開発することになりました。

というのも、Playストアに登録していたアプリがGoogle様のコンテンツ ポリシーに違反していたようで先月配信停止に:3

という経緯です。。

自分が開発を始めてから数年経つのですがその間にAndroidにおいての開発の順序がかなり変わっていました。というか、Gradleってなに!!

現在、アプリはkiecサーバーから配信しているのですがユーザー的にあまりよろしくないので1から開発することに。

見たことがないAPIと格闘の末、メインのUIのみ一応完成させました。2013-12-31 12.37.33後はFont-familyを変更してstringに渡すだけなのですが、なんとassetsディレクトリがない!

調べた結果デフォルトでは使えない様なのでbuild.gradleを書き換えてあげて使えるように。2013-12-31 13.27.56と、勉強合宿やら宿題やらでここまでくるのに1ヶ月。。。

この先どうなることやら(´・ω・`)

 

© 2017 ken kentan blog

Theme by Anders NorénUp ↑